配偶者貸付は総量規制の例外規定になります

貸金業者での利用では総量規制の制限があります。
これは個人の貸し付けを対象に年収の3分の1以内に融資を制限することや一定額以上に関しては収入証明書の提出を求めたり、あるいは返済能力の調査を課すなど多岐にわたっています。
また、総量規制では除外と例外の項目を挙げています。
除外項目は不動産や有価証券を担保にした貸し付け、例外項目は医療費や配偶者貸付などが含まれます。

総量規制の中でも例外とする配偶者貸付は一方の収入が年収の3分の1以内で融資を制限を受ける場合、配偶者双方の収入を合算できるものです。
この収入の合計金額で年収の3分の1以内とできることから、利用できる融資の金額も増えることになります。

配偶者貸付に関しても返済能力が基準となり、配偶者の収入合計が制限内に収まる場合でも必ず融資を受けられるものでもありません。
ただし、総量規制にこうした例外項目を持たせることで緊急で必要な融資に関しては対応できるように運用されています。
総量規制は貸金業法が適用される消費者金融や信販会社のカードローンのみで、銀行のカードローンは含まれません。
どうしても必要な資金をいくつかの項目を設定して可能にしているのも総量規制の一面です。

20150715200931

総量規制の対象が見直される?

今、政府の方で、総量規制の対象の見直しが行われています。
具体的には、消費者金融を全てNGとするのではなく、一定の条件を満たしていれば総量規制対象外にしようという話です。
そうなると、消費者金融大手のアコム、プロミス、アイフルあたりは、その条件を何としてでもクリアして総量規制の制限から抜け出そうとするでしょうし、実際そうなるでしょう。
借り手にとっては微妙なところではあるんですが、ホントに困っている人にとって、審査厳しい銀行よりも消費者金融の一部が借入先の候補に入ってくることは歓迎していることでしょう。

過払い利息返還にかかる法人税の繰り戻し還付

貸金業者は、従来の貸金業法の規制等に関する法律を順守して営業を行い、利息については規定に基づき、益金としてそれぞれ受け取り年度において収益計上し、各年度の決算に基づき納税を行ってきた。
しかしながら、市赤穂裁判所の判決以降、過去に収益として計上した利息に対する過払い利息返還が急増している。ついては過払い利息返還にかかる損失分について、民法上の上限である10年を限度として課税された過年度の法人税額を還付していただきたい

とする要望が出されました。

税額算出の根拠となる数値が変わってくるわけですからこの要望はもっともな話です。
過払い金返還が貸金業者の経営を圧迫する大きな要因になっている以上、国も見て見ぬふりはいかがなものかと思われます。

「ONE PIECE」ファン必見とあるが、方向性は違う映画?

何故か見出しが「ONE PIECEファン必見」と言うこのニュース。
映画の宣伝に、著名な人気作品と似た要素を取り上げて興行成績を良くしたい、と言う意図はわかるが、ちょっと誇大広告ではなかろうかと思った。お金次第にどうにでもなるので借金する人が後を絶たないのだと思う。

どちらかと言うと自分には、アメリカのコミック史上で初めてのチームとして活動するヒーロー物、戦隊物と言う印象が強い。
まゴム人間である事には違いないのだが、ミスター・ファンタスティックことリードの能力の使い方はもうちょっと応用が利く物である。

ルフィーが殆どの場合において、弾性を運動エネルギーの増大にしか使っていないのを考えると、ミスター・ファンタスティックは科学者としての知恵を利用した物だ。
弾性による運動エネルギーの増加は勿論、体を伸ばして滑空する、相手を包み込む、体を薄く柔らかくし、スキマを通り抜ける、極めつけは脳のシナプスを縮め思考能力を加速させる等、文字通り人としての限界を超えた使い方をする。

だからこそリードはミスター・ファンタスティック(素晴らしい、とんでもない男)等と呼ばれるのだ。
それにリードは科学者畑の人物であり、その頭脳こそが脅威なので、ルフィーの様なバトルアクションを期待すると肩透かしに合うかもしれない。

あー、明日は総量規制の説明会。ローンに悩む人はどこも同じ問題を抱えている。同じことの繰り返しなんだよなぁ。

家庭的な女性を選んだ福山雅治

総量規制についての勉強をしていた昨日は、福山雅治さんと吹石一恵さんの結婚報道に驚かされました。数年前に一度、お二人の関係が噂されたことがありましたが、それ以降は一切触れられずにいたこともあり、よもやお付き合いが続いているとは誰も思っていなかったことでしょう。

それにしても、改めて見てみると、福山さんと吹石さんはとてもお似合いのカップルだと思いました。吹石さんは女優さんでありながら、家庭的な女性でもあります。お弁当を一度も買ったことがない程、料理好きなのだそうです。以前から福山さんは、「家事が好きな人、暮らしていくためのことを当たり前にできる人」がタイプだと話されていましたので、理想通りのタイプの方を選んだことになります。

福山さんの大好きなカレーや地元料理である長崎ちゃんぽんなども作られるそうで、結婚前からすでにしっかりと胃袋をつかんでいるようです。旦那の胃袋をつかむのは、結婚生活が上手くいくポイントですので、お二人もきっと、幸せな結婚生活が送れることでしょう。